お墓の引越しについて

トップページ > お墓の引越し > お墓の引越しについて

目次

・お墓の引越しの流れ
・引越しの費用
・お墓の種類

お墓の引越しの流れ

お墓のお引越しのことを「墓じまい」や「改葬」と言います。お墓を継ぐ人がいない、お墓が遠くて会いに行けないなどの理由からお墓の引越しをする方が増えています。ここではお墓のお引越しの流れを説明します。

①家族や親族との相談

祭祀継承者はお墓を自由に処分することができます。しかしそのお墓には色々な方が眠っていることもあります。そのため家族や親戚との事前の相談は欠かせません。以下話し合いのポイントを紹介します。

  • なぜ引越しをしたいのか
    お墓の引越しをする理由を伝えましょう。「遠くて供養が大変」「しっかり管理維持したい」「このままでは継承者がいない」など理由を明確に。
  • どこに移動するか
    お墓の引越し先について相談しましょう。ある人にとっては遠い場所になる可能性もあります。しっかり理解を得ましょう。
  • どのように埋葬するか
    引越し先でもお墓を建てるのか、建てずに供養するのか。最近ではライフスタイルに合わせたお墓の形が登場しています。また散骨や手元供養などお墓を建てないという選択肢もあります。どのような埋葬方法にするかによって費用を変わるので、この点についてもしっかり話し合いましょう。お墓の種類について詳しく知りたい方はこちら

②今のお墓があるお寺へ連絡をする

お墓を引越したい理由を伝えましょう。そして今まで供養して頂いたお礼の気持ちも伝えましょう。
お寺への連絡をせず、突然「引越しします」というのは失礼な行為です。

③新しいお墓の管理者から「受入証明書」を発行してもらう

ここからは様々な書類が登場します。とても分かりにくいため、下の図と一緒に見比べながら読んで見てください。
 
画像
 
引越し先の新しいお墓の管理者から「受入証明書」を発行してもらいます。「受入証明書」とは新しい墓地管理者が引越し先として遺骨を受け入れますよ、という証明書です。
これは役所に「改葬許可書」を発行してもらう際に必要です。

④今のお墓のある場所の役所で「改葬許可申請書」をもらう

これは役所に「改葬許可書」を発行してもらうための申請用紙です。
 
画像

⑤今のお墓のある管理者から「埋蔵証明書」を発行してもらう

これも役所に「改葬許可書」を発行してもらう際に必要です。自治体によっては、上記の「改葬許可申請書」に墓地管理者が署名、捺印することで「埋蔵証明書」とするところもあります。
 
画像
※自治体によっては改葬許可申請書と埋蔵証明書が一体となっている場合があります。

⑥今のお墓がある場所の役所で「改葬許可書」を発行してもらう

今のお墓がある場所の役所に、③から⑤までで集めた書類を提出し、「改葬許可書」を発行してもらいます。これは遺骨を取り出す際や納骨の際に必要となります。
 
画像

⑦今のお墓から遺骨を取り出す

今のお墓の管理者に「改葬許可書」を提示し、遺骨を取り出します。この際「閉眼法要」を行う場合があります。
またお墓を撤去するための工事も必要になる場合があります。

⑧新しいお墓に埋葬する

新しいお墓の管理者に「改葬許可書」を提示し、遺骨を埋葬します。この際「開眼法要」や「納骨法要」を行う場合があります。
以上が一般的なお墓の引越しの流れです。自治体によって手続きが異なる場合があります。

引越しの費用

今のお墓の形態や場所、新しいお墓の設置の有無などの事情により、かなり個人差はありますが、平均「100万~300万」と言われています。しかし、移転先でお墓を建てないならば、費用はもっと抑えられます。
以下大まかな内訳です。
 
今のお墓でかかる費用

項目 金額(目安)
墓石撤去費 10万~20万 /㎡
遺骨の取り出し費用 4万前後 /1体
墓石運搬費(墓石を移転先でも使用する場合のみ) 10万から80万
閉眼法要 0~3万
離檀料 法要3回分程度(寺院により異なります)
必要書類費(埋蔵証明書等) 数千円
交通費 場所による

 
新しいお墓でかかる費用

項目 金額(目安)
墓石費用(新しい墓石を購入する場合のみ) 100万~200万
埋葬費用 3万前後 /1体
開眼法要 1万~3万
交通費 場所による

このように「お墓の運搬費」と「新しいお墓の購入費」が大半を占めています。この費用は引越し先でお墓を建てないという選択肢を取ると抑えることができます。お墓を建てることにこだわりがなければ、他の選択肢も検討してみてください。引越し先の選択についてくわしく知りたい方はこちら

お墓の種類

ここでは、引越し先の選択肢として、お墓の種類を紹介します。今日ではライフスタイルや価値観の変化により、新しいお墓の形が登場しています。引越し先としてどれを選択するかによって費用も抑えられますのでぜひ検討してみてください。

家墓

従来のお墓で、継承を前提とします。引越し先でもこの家墓を希望する場合は今までのお墓を運搬するか、新しく購入する必要があります。

永代供養墓

継承を前提としないお墓です。子供にお墓のことで負担を掛けたくない方などが選択します。供養はお寺が続く限りお寺が行ってくれます。
血縁を越えて埋葬される「合葬墓」や個人や夫婦単位で埋葬される「個人墓」(一定期間後合葬墓に移される場合あり)があります。
費用は10万~50万程度です。また年間管理料(数千円)が不要なところもあります。

納骨堂

場所によっては継承することもしないこともできます。種類も豊富で「仏壇式」や「ロッカー式」などがあります。
室内が多いため清掃や天候の心配が不要です。
費用も抑えられます。

樹木葬

木をシンボルとしたお墓です。墓石の代わりに木が植えられていると考えると理解しやすいでしょう。
しかしこの樹木葬を行っているところは限られます。

散骨

遺骨を海や空に撒きます。どこでも自由に行えるわけではなく、自治体の条例に従う必要があり、近隣への配慮も必要です。
また一旦撒いてしまうと手元に残らないため、すべて散骨するのではなく一部散骨をおすすめします。

手元供養

自宅で安置します。毎日供養をしたい方にはおすすめの方法です。自宅で安置する他にも、リングやペンダントにし、身に着けることも可能です。
リビング、仏壇やペンダントで保管することは法律的問題はありません。しかし自宅の庭に埋葬する(埋める)ことは法律により禁止されております。お気を付け下さい。
 
 
このようにお墓の引越し先は様々です。また遺骨を分けて埋葬することもできます。これを分骨と言います。例えば一部は「散骨」し、残りは「手元供養」といった具合です。
お客様のご希望に合わせたお墓の種類や方法をアドバイスします。お気軽にお問合せ下さい。

 

>>サポートを受ける

トップページ > お墓の引越し > お墓の引越しについて