スクール顧問40校!

制度開始から登録申請を行っております。多数の開校実績、顧問実績ので、迅速かつ正確な対応が可能です!

日本全国対応

お電話、メール、ZOOMなどで業務ができるように体制を整えておりますので、47都道府県からご依頼を承っております!

完全成功報酬制

万が一、登録ができない場合は、費用は発生致しません。また登録後のお支払いなので、持ち出し費用も掛かりません!

Drobyの運営者

登録講習機関向けデータ管理プラットフォームDroby(ドロビー)の運営を行っております!

悩んでいる時間がもったいない!

登録講習機関
登録申請代行費用

二等無人航空機操縦士講習機関

二等のみの技能証明試験を行いたいスクールにおすすめ!

登録申請

13万円 (税込)

スマート事務規定™の作成提出

15万円 (税込)

合計

28万円 (税込)

二等無人航空機操縦士講習機関

※事務規定のみのご依頼も可能です!

昼間限定解除、目視外限定解除込み

一等無人航空機操縦士講習機関

一等のみの技能証明試験を行いたいスクールにおすすめ!

登録申請

15万円 (税込)

スマート事務規定™の作成提出

17万円 (税込)

合計

32万円 (税込)

一等無人航空機操縦士講習機関

※事務規定のみのご依頼も可能です!

昼間限定解除、目視外限定解除込み

一/二等無人航空機操縦士講習機関

一等と二等の両方の技能証明試験を行いたいスクールにおすすめ!

登録申請

17万円 (税込)

スマート事務規定™の作成提出

21万円 (税込)

合計

38万円 (税込)

一/二等無人航空機操縦士講習機関

※事務規定のみのご依頼も可能です!

昼間限定解除、目視外限定解除込み

※別途登録免許税が必要となります。

+オプション費用を表示する

25kg未満の限定解除

+30,000円(税込)

講師人数4名以上

+20,000(税込)/ 名

講習空域4か所目以上

+20,000(税込)/ 空域

講義室4か所目以上

+10,000(税込)/ 室

2校以降

1校目の費用の70% / 校

Droby(ドロビー)割引!

表示価格から

50,000円割引

例:一等/二等設立38万円→33万円(税込)

Droby(ドロビー)とは

弊社リーガライト行政書士法人ではドローン登録講習機関向けのプラットフォームを運営しております。

「監査対策プラン」「eラーニングプラン」をご契約いただける場合は、設立費用が割引となります。

登録申請書、事務規定
自分で登録したい方へ:ひな型の提供

「どんな資料が必要かわからない」

「必要書類が多すぎて何から手を付けていいかわからない」

「手探りで登録資料を作ってみたけどこれで正しいかわからない…」

「この資料で後々面倒にならないか不安」

「登録申請は完了した!けど事務規程の●●が難しい…」などなど

数多くの登録をサポートしているリーガライト行政書士法人で使用しているひな型を提供させていただきます!

もちろんすべて受理実績のある資料です。

自分で申請!

フルパッケージ (登録申請書+スマート事務規定™)

【登録申請書】収録データ

  • 必要書類のリスト.xlsx
  • 組織図.docx
  • 登記事項証明書に記載がある役員全ての氏名を記載した書面.docx
  • 履歴書.docx
  • 【様式2】施設及び設備の概要書.docx
  • 【様式3】講師の条件への適合宣誓書.docx
  • 【様式3】講師の条件への適合宣誓書(代表者が講師を務める場合).docx
  • 【様式4(学科)】講師の氏名、担当科目及び専任又は兼任の別.xlsx
  • 【様式4(実地)】講師の氏名、担当科目及び専任又は兼任の別.xlsx
  • 【様式5】講師が法第 132 条~の規定に適合することを証明する書類.docx
  • 【様式6】役員が航空法第 132 条~の規定に該当しないことを説明した書類.docx
  • 修了審査用無人航空機の仕様要件.docx
  • 修了審査用空域図.docx
  • 設備一覧表.docx
  • 業務委託契約書(詳細版).docx
  • 業務委託契約書(簡易版).docx
  • 実習用地の使用承諾書.docx
  • 実習用地の予約方法をまとめた資料.docx
  • 講義室の賃貸借契約書.docx
  • 講義室の使用承諾書.docx
  • 講義室の予約方法をまとめた資料.docx
  • 無人航空機の賃貸借契約書.docx
  • 無人航空機の使用承諾書.docx
  • 直近2年間で1年(6か月)以上の飛行経験かつ100時間以上(50時間以上)の飛行実績を証する書類.xlsx
  • 1年以上(6か月以上)無人航空機を飛行させた経験がわかる資料.xlsx

登録申請ひな型パッケージ

78,000円 (税込)

【スマート事務規定™】収録データ

  • 必要書類のリスト.xlsx
  • 【様式8】無人航空機講習事務規程届出書.docx
  • 無人航空機講習事務規程.docx
  • 講習事務を行う事務所一覧.docx
  • 登録講習機関管理者一覧表.docx
  • 講師一覧表.docx
  • 講習記録簿.docx
  • 登録講習機関実施計画書.xlsx
  • 登録講習機関実施状況報告書.docx
  • 修了審査用の空域.docx
  • 修了審査用の無人航空機.docx
  • 講習に必要な書籍一覧表.docx
  • 講習に必要な設備一覧表.docx
  • 入学申請書様式.docx
  • 講習事務手数料.docx
  • 講習科目免除の条件.docx
  • 講習科目及び講習時間.docx
  • 学科講習・実地講習の時間割.xlsx
  • 修了審査実施要領.pdf
  • 修了証明書発行台帳.docx
  • 履歴書.docx
  • 管理者が省令第6条第2号ロの規定に該当しないことの本人からの申立書.docx
  • 登録講習機関管理者、副管理者、講師に関する具体的な業務内容を定めた書類.docx
  • 登録講習機関管理者に対する研修指導要領.docx
  • 講師(修了審査員を含む。)に対する研修指導要領.docx
  • 緊急時の連絡体制図.docx
  • 登録講習機関の管理者研修を修了した証明書.docx
  • 登録講習機関の講師研修を修了した証明書.docx
  • 登録講習機関実地講習教則.docx

スマート事務規程™ひな型パッケージ

98,000円 (税込)

登録申請書+スマート事務規定™

ひな型フルパッケージ

14万円 (税込)

行政書士の方の購入も可能です!

スマート事務規程™とは

※商標登録出願中

ドローンスクール(登録講習機関)は、国交省に事務規程という運用指針を提出しなければ、講習業務を行うことができません。

この事務規程はサンプルが国交省から公表されていますが、実運用から離れた内容になっているため、無駄が多いです。

弊社では数多くの申請をしており、スクールの実運用と国交省の求める要件を照らし合わせ、必要最低限で無駄のない事務規程を提供しています。

弊社では、そのような事務規程をスマート事務規程™と呼んでいます。

ひな型で提供する事務規定もスマート事務規定に対応したものになっております。

ひな型の見本を公開中!

入学申請書様式

受講生とスクールの双方の手間が掛からない入学申請書を提供しております。コースを作るときは、コース自体を細かく分けるのではなく、可変項目を組み合わせて作り上げるのがポイントです。

講習記録簿

弊社の講習記録簿は、スクール現場からのフィードバックを反映した効率的なものです。時間割等と連動させることで、必修科目ごとに記録をしなくてもいいようになっております。

登録講習機関実地講習教則

学科講習の教材サンプルは国交省が公表しているので、比較的作成がしやすいです。ただ、実地講習の教材サンプルは公表されていないため、作成の難易度が高いです。弊社では作成難易度の高い実地講習教則の提供も行っております。

収録コンテンツ:「飛行計画、リスク評価結果、飛行環境の確認」「運航体制、手順、役割分担等の管理の確認」「機体の状況、操縦モード、バッテリーの確認」「フェールセーフ機能の適切な設定、飛行経路の設定、自動飛行の設定」「基本操縦(手動)」「基本操縦(自動)」「基本操縦以外の機体操作」「様々な運航形態への対応」「安全にかかわる操作」「緊急時の対応」「飛行後の記録、報告」

管理者、講師、修了審査審査員に対する研修指導要領

何を行ったらいいかわからない方が多いので、弊社ではひな型を提供しております。

収録コンテンツ:「基本的な方針に関する事項」「関係法令及び無人航空機講習事務規程その他の無人航空機講習事務の実施基準の遵守に関する事項」「取組に関する事項」「組織体制に関する事項」「経営の責任者による無人航空機講習事務に係る責務に関する事項」「登録講習機関管理者の権限及び責務に関する事項」「情報の伝達及び共有に関する事項」…など告示の要件を満たす要領

スマート事務規程™の個別販売

  • 修了審査用無人航空機の仕様要件

1万円 (税込)

  • 業務委託契約書(詳細版・簡易版)

1.5万円 (税込)

  • 実習用空域、講義室、無人航空機の賃貸借契約書、使用承諾書、予約方法をまとめた資料のセット

3万円 (税込)

  • 入学申請書様式

1万円 (税込)

  • 講習事務手数料

1万円 (税込)

  • 講習科目及び講習時間を定めた書類

3万円 (税込)

  • 講習記録簿

1万円 (税込)

  • ・登録講習機関管理者、副管理者、講師に関する具体的な業務内容を定めた書類
    ・管理者、講師、修了審査員に対する研修指導要領

3万円 (税込)

  • 登録講習機関実地講習教則

3万円 (税込)

これら以外の単品販売も行っております!

行政書士の方の購入も可能です!

ご掲載のご協力ありがとうございます!
登録実績

DSLドローンスクール横浜町田IC校 様 (一等・二等無人航空機操縦士)

Drone Safety License School 千葉流山IC校 様 (一等・二等無人航空機操縦士)

NPO法人が運営する日本初の国土交通省登録講習団体として、ドローン操縦士育成17年目の歴史を誇るDrone Safety License School様には、1,000人以上の指導実績を持つ優秀なインストラクター講師が在籍しております。学科試験は対面です。一人ひとりの学習成果の現状に応じて、目標を達成するための学習サポートを提供しています。本校の講師はドローン検定一級が在籍しています。実技講師もドローンプロパイロットを筆頭に講師経験豊富な指導者が在籍しています。実技・学科試験だけでなく、ドローン免許登録後の仕事のお話なども試験を通して話せるのが魅力です。

Drone Safety License School様 HPより

登録はできて 当たり前 、その先の価値を提供する

リーガライト行政書士法人の強み

01. 設立後の運営効率を考えたスマート事務規定™を作成

講習事務規程は 無人航空機講習事務規程_サンプルとして公表されていますが、登録申請を完了させることだけに集中してしまい、事務作業の負担を考えないで作成すると、後から後悔することになります。

例えば…

サンプルの事務規定「6-2 受講申請」では、以下のような記載があります。

航空局サンプル無人航空機講習事務規程より

入学申請書様式(別添〇)に、次に掲げる書類及び写真を添えて提出させるものとする。

(1) 本籍の記載のある住民票の写し(6月以内に作成したものに限る。) 1通

(2) 省令第 236 条の 38 第8項第一号の規定による無人航空機操縦者身体検査証明書(身体検査を受けた日から6ヶ月以内のものに限る。)又は同項第二号の規定による身体検査合格証明書、航空身体検査証明書又は国土交通大臣がこれらと同等以上と認めるもの 1通

(3) 写真(縦:30 ㎜×横:24 ㎜)の裏面に氏名及び生年月日を記入したもの 1葉

(4) 民間技能認証等を有する者であって、講習科目の一部の減免を受けようとする者は、該当する民間技能認証等の写し等 1通

これを入学希望者に毎回求めるのは、入学者、スクールどちらにとっても大変ではないでしょうか。

入学希望者は入学前に「技能証明申請者番号」を取得する必要があり、その際にDIPS2.0上で、本人確認は完了しております。そしてスクール側では入学希望者の本人確認の方法(マイナンバーなのか免許証なのか、郵送なのか)を登録後に発行される専用のログインIDで確認することができます。

そことの整合性が取れればいいので、入学者全員にサンプルどおりの書類を求める必要はありません。

サンプルどおりの記載では、入学申込時に申込者に「ひと手間」を求めることになりますので、入学ハードルを上げることにも繋がります。

そしてスクール側としても、書類の管理コストが発生するので、どちらにとってもメリットはありません。

このような設立後の運営を意識した事務規定を作成させていただきます。

02. 監査対策システム「Droby(ドロビー)」の提供

登録講習機関として登録が完了すると、1年ごとに外部機関による監査を受ける必要があります。

そのため、常日頃から以下のような資料を作成しておく必要があります。

登録後に作成を忘れてしまいやすい書類

  • 入学金の受取記録
  • 講習記録簿(学科・実地)
  • 定期的な講習確認記録簿
  • 管理者による講習視察記録簿
  • 講義室、レンタルコートの予約表・領収証の控え
  • 登録講習機関実施計画書
  • 登録講習機関実施状況報告書
  • 修了証明書発行台帳

Droby(ドロビー)上で、受講生の入学管理や修了証明書発行、講習管理を行うことで、自動的に監査の際に求められる資料が作成されます。

03. Droby(ドロビー)利用で、オンライン動画と教材素材を提供!

登録講習機関として登録が完了しても、学科講習の資料作成や講師手配、動画作成に時間が掛かってしまい、なかなか講習を始められないというスクールが多いのが現状です。

そのため、弊社のDroby(ドロビー)には、オンライン講習機能が実装されています。

講習用の動画も用意しておりますので、内容を確認し、問題がなければすぐに学科講習を始めることができるようになります。

スクール様は実地講習の準備に専念することが可能です。

学科講習を効率化し、なおかつ受講生の満足度も向上させることができます。

登録はできて 当たり前 、その先の価値を提供する

業務フローのシステム化を確立!最短2ヶ月で開校を目指せる!

設立までの流れ

お問合せ/お見積り

お電話、メールにてお気軽にお問合せください。費用の算出基準を確立しておりますので、すぐにお見積り可能です。

登録要件の確認(無料)

まずは現状で登録ができるかどうかを確認させていただきます。万が一登録要件を満たしていない項目がありましたら無料でサポートさせていただきます。

スケジュールの確認(無料)

登録までのスケジュール確認をさせていただきます。誰がいつまでに何をするかが一目でわかるように、ガンマチャートでご説明いたします。

ご依頼

お見積り、登録要件、スケジュール内容をご確認いただき、ご依頼をいただける場合は、お申し付けいただけると幸いです。

登録受付申請(DIPS2.0)

まずはDIPS2.0で登録の受付申請を行います。受付申請は基本事項の入力で済みますので、ご依頼後すぐに行わせていただきます。

登録申請書
別添資料の作成/提出

登録申請書や別添資料等を作成します。30前後の資料を作成する必要があるため、共有ツールを利用し、効率的に作成させていただきます。

登録完了/登録免許税の納付

登録申請後、登録が完了したら国交省より登録免許税の納付通知が届きます。ネットバンキングやATMで支払いを済ませると、登録証が郵送されてきます。

事務規定の作成/提出

登録が完了したら事務規定を作成します。弊社では登録申請書を提出したタイミングですぐに作成に取り掛かりますので、登録完了後すぐに事務規定を提出できるようしております。

管理者講習/講師講習の実施

事務規定を提出したら、管理者講習講師講習を行います。合わせて修了審査員研修も海事協会で受けます。

事務規定の受理

事務規定に問題がなければ、受理連絡が国交省からあります。

各修了証明書の提出

管理者、講師、修了審査員研修の修了証明書を国交省に提出します。

業務開始!

お疲れ様でした!これにてすべての手続きが完了となり、講習業務を開始することができます。ただここからが本番です!!頑張りましょう!

お支払い

長い期間、資料提供、ヒアリングへのご協力ありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

上から順「行政書士会札幌支部主催講師」「北海道新聞ドローン進化 トラブル増加に関する取材」「LEVENT(ル・ヴァン)スマート農業に関する執筆

リーガライト行政書士法人
行政書士 中島北斗

業界のリーダーとして
第一線で働いています!

ドローン許可申請の研修講師、新聞取材、雑誌の執筆など、ドローン法務業界のリーダーとして精力的に活動しております!

お気軽にお問合せください!

リーガライト行政書士法人
行政書士 中島北斗
北海道札幌市中央区南1条西9丁目5番地1
札幌19Lビル 5階
北海道行政書士会札幌支部 理事

営業時間 平日9:00~18:00